1回
1回目は家について。こちらに来てから韓国の友人に同行してもらいながら家を探しました。

こちらで家を探して最初に思ったのは、ワンルームといっても日本で想像する狭い感じではなくそれなりに広いと ころが多いこと。ワンルームでこうなのですから、友達家族のアパートなんてトイレは2つあるし、 キッチンやリビングはものすごく広いし人口過密化が東京よりひどいソウルでなぜこんなことが出来るの??と思ったのですが、理由は地震がないこと。
地震がめったに起きないのでどんどん上に高層化していて、その分家の敷地にゆとりができるようです。

2つめは、私はウォルセのオピステルに住んでいるのですが、契約時に大家さんに「壁と床は張り替えるけど、
あとの掃除は自分でやってね」と言われ、(この汚いのを自分でどうやって掃除するの?と)愕然。。
日本ではぜ~んぶ綺麗にしてくれた後に入居ですよね?私騙されてるんじゃないかと思ったら、韓国は普通そうだよ、
だから入居時に払う保証金も出て行く時に全額戻ってくるしと言われて納得。(大家さんによっては返済時期でも
めることもあるようですが)考えてみればお得なような気もしますね。
日本では家を出る時にいろいろと差し引かれて、結局ほとんど保証金は戻ってこない事が多いし、 最近は最初から保証金は返済しないという条件の所も多いようです。
ちなみに、お金を出してもいいから綺麗な部屋に入居したいって方は、業者に頼むことも できます。


私は韓国のこういう制度気に入ってます。お金に余裕があればもっとお得な チョンセ(月々の家賃がいらず、最初に払うお金は大きいが家を出る時に 全額戻ってくる制度)に住みたかったのですが。
それは一生懸命働いて お金を貯めてから!!ですね。