国際証券 Seoul支店長 中村貞行氏

「今月末、家族と一緒に韓国へ遊びに行くよ!」
会社の同僚から電話が来た。今回は、観光旅行と言うより『バックを買いたい』という家族の意見に押し切られた形での"ショッピング旅行"のようだ。
韓国では、"メガネ"と"皮製品"そして"ペットボトルの携帯"をお勧めする。
"メガネ"は市内の何処ででも購入できるが、単なる"近視用"であれば眼鏡店で検眼し2時間も近所を見物してから店に戻れば出来あがっている。しかも、価格はブランドなどに拘らなければ、どこで作っても10万ウォン(約1万円)以下だ。
"皮製品"も日本に比べると各段に安い。冬に備えて、自分がファッション雑誌から選んだデザイン通りのハーフコートを作ってみるのも良いだろうし、その場で採寸するオーダーメイドのブーツなども勧めだ。尤も、これらは出来あがるまでに数日かかるので後で自宅に郵送してもらう事にはなるが…。
そして、暑い夏には"ペット・ボトル"が必需品だ。最近、大韓医師協会が「水道水からエコーウイルス11型・30型、コックサキーウイルスB3型・B6型など、髓膜炎などの原因となる病原性ウイルスが検出された」と発表したが、街の食堂で出す水が『水道水でない』という保証はどこにもない。
残念な事に日韓両国は今『歴史教科書問題』でギクシャクしている。昨日、金堤市で行われた抗議集会では、天皇陛下と小泉総理を模った模型が燃やされた。
日本人旅行者が不要なトラブルに巻き込まれないよう祈りたい。

戻る