2002年スタート 

 新年がスタートしたが、毎年の事ながら年末は酒宴の連続で疲れ果てた。

 毎年吉例の“春日大社お告げ”は、「夜明け間近の午の刻、七赤金星歳も良し、播かぬ種は生えぬ」だったが、今年は「ソルトレーク冬季五輪」そして日韓共同開催の「ワールドカップ(W杯)世界大会」など大きな“種(イベント)”が控えている。

 日本ではW杯開催による経済効果は3兆円を上回るとの試算も出ているようだが、ここ韓国でもW杯開催による経済効果に期待を寄せる声は大きい。

 そんな中で面白い記事を見かけた。

 中国のインターネット・ニュースサイト『チャイナ・ドットコム』が掲載した今年訪韓する球迷(サッカー・ファン)が守るべき“3大禁止事項”と“8大注意事項”だ。

 “3大禁止事項”の1つは「絶対に韓国を南朝鮮と呼ばない」こと。平素、北朝鮮や中国が韓国をこう呼称している為だろうが、「韓国人はプライドが高いために、この呼び方に反感を感じる可能性があるので注意が必要」と警告している。

 また、“8大注意事項”の1つとして「韓国の飲酒文化は並外れているので心の準備をせよ」とし、「韓国は来年のワールド・カップ開催時における宿泊難に備え約2000世帯の民宿を準備しているが、これら民宿を利用する場合、韓国人は一旦友達と判断すればこれ以上は飲めないというほど飲ませるので、予め格別な準備を要する」としている。どうやら、中国人も韓国人の“酒量”には一目置いているようだ。

 新年会の酒量に注意し、健康な1年を送りたいものだ。     

戻る