連休のない韓国では・・・

 日本は「ゴールデン・ウイーク」、中国は「労働節」で大型連休に突入する。

 両国から韓国への航空便は既に大都市からの出発便には空席が全くない状態だそうだが、韓国観光公社では「この期間中、日本と中国から10万人(日本人・8万人、中国人・2万人)の観光客が韓国を訪れる」と予想している。

 この期間中、韓国の祝日は5月5日「子供の日」だけなのだが、今年は不幸にも日曜日と重なってしまい1日しかない祝日さえも消えてしまった。

 「子供の日」に因んで、某新聞社が小学6年生に親からプレゼントされたい品物を尋ねたところ、3人に1人が携帯電話(32%)と回答した。これに洋服・商品券・化粧品の順で続くそうだが、これでは大人が欲しがるモノとなんら変わらない。

 また、好きな食べ物ではハンバーガーやピザなどのファースト・フードが上位を占め、キムチやビビン・バップといった韓国の伝統料理はベスト10にも入らなかったそうだ。

 贈り物にしろ食べ物にしろ、子供達の嗜好は時代とともに大きく変化している。

 その韓国の子供達も大好きなハンバーガーから食中毒菌が発見された。

 先日、韓国消費者保護院が主要ファースト・フード7社がソウル市内で運営する21店舗の衛生検査を行った結果、約3割に当たる6店舗のハンバーガーから食中毒の原因となる病原菌が発見された。

 ただでさえ食中毒が発生しやすい季節、子供達に限らず韓国を訪れる観光客も暫く韓国のファースト・フードは敬遠したほうが良さそうだ。     

戻る