韓国の正月は旧暦主体。 12 月 31 日の夜は特に大きなイベントはないと聞いていたが、ソウルの中心地、鍾閣に人が集まるというので出かけてみた。

驚いた。すごい人出。日本の初詣でのようだ。そこに同時に 1,000 発くらいの花火が上がっている。なんせんちょうむ。花火といっても手で持つおもちゃの連発式打ち上げ花火だ。1本 500 ウォンと格安。早速買って打ち上げてみた。

自分の花火も皆の花火と夜空で溶け合っていく。集まっている人が皆一緒に新しい年を迎えるという感じがして新鮮。年越しに大きな打ち上げ花火をする都市は世界中にあるが、参加者が無数の小さな花火を打ち上げて祝うのは珍しいのではなかろうか。 2006 年がとてもいい年になるような気がしてうれしかった。

【ソウル生活を始めたばかりの筆者が、日々の生活で出会う“韓国の不思議”を写真とエッセイで切り取ります。
The Daily NNA韓国版に連載中

戻る