ソウルのバス停でバスを待っている人は横に(道路に平行に)広がっている。どうしてか。なんせんちょうむ。バスはいつも同じ場所に止まらないからだ。遠いところに止まるとお客さんが必死で走って乗る。

ソウルのバスはとても便利。2004年の夏にシステムが一新され、路線で色分け(青は幹線、緑は支線、赤は広域、黄は循環)されている。また専用レーンがあり、渋滞知らずですごく早い。運賃も普通はJR東日本の「Suica」のような交通カードで精算する。地下鉄と兼用で、一定時間内の乗り継ぎであれば運賃は割安になる。

ただし時刻表はない。バスのドライバーの中には自分の好きなラジオを聞きながら運転している人もいる。昔は好きなテープをかけ、鼻歌を歌いながら運転していた人も多かったそうだ。

【ソウル生活を始めたばかりの筆者が、日々の生活で出会う“韓国の不思議”を写真とエッセイで切り取ります。
The Daily NNA韓国版に連載中

戻る