ときどき仕事でお酒を飲んでいる時、韓国の人から「そろそろ爆弾酒にしましょう」と言われる。爆弾酒?なんせんちょうむ。

要するに、ビールのグラスに小さなグラスに入ったウイスキーを入れて一気に飲み干す飲み方である。最近は、昔ほどはお酒は強要されないらしいが、韓国では酔っぱらった方が人間関係が深まると考えられているようだ。あるいは酒の強い男が男らしいと考えられているようだ。

昔、台湾でも同様(ウイスキーの代わりに紹興酒だったが)の経験をしたことがある。台湾ではサブマリンと言っていた。酔いが進むと逆サブマリン(大きいグラスが紹興酒)になる。最近ではドラキュラ酒というものもあるらしい。赤ワインにコニャックだ。私のまわりだけの呼び方なのだろうか。

【ソウル生活を始めたばかりの筆者が、日々の生活で出会う“韓国の不思議”を写真とエッセイで切り取ります。
The Daily NNA韓国版に連載中

戻る