昔の駐在に聞くと、韓国ではコーヒーがやたらに薄かったらしい。一説ではコーヒー豆が高かったからという。幸い最近はスターバックスのような店が急速に増え、韓国でもおいしいコーヒーが飲めるようになった。

ただし高いことが難点。昼食代とコーヒー代がほとんど同じくらいになる。最近はさすがに聞かないが、少し前まではエスプレッソを頼むと「苦いですよ」とか「濃いですよ」とか「とっても小さいですよ」と、何度も念を押されたと聞いている。余談だが、スパゲティをアルデンテでと注文すると「麺を最初からゆでるので時間がかかりますよ」と真顔で言われ椅子から滑り落ちた人もいたという。普通最初からゆでるでしょ。

※写真はソウル仁寺洞のスターバックス。ハングル表記は非常にめずらしい。

【ソウル生活を始めたばかりの筆者が、日々の生活で出会う“韓国の不思議”を写真とエッセイで切り取ります。
The Daily NNA韓国版に連載中

戻る