世の中にはすごい人がいるもんだと教えられたの が韓国に来てからのことである。今から10年前の 1996年2月末にソウルに本社のある韓国の関連会社 に赴任、翌日には右も左も分らぬまま韓国語で行わ れる会議に出席、えらい所に来てしまったというの が赴任当時の偽らざる心境でした。
   兄弟会社にも同僚が一人赴任しており、心強くは あったものの赴任した会社では日本人は小生一人で したからそれこそ緊張の連続でした。先ず始めたの が韓国語の習得の為の勉強。韓国外国語大学通訳課 の優秀な先生(若い女性)について勉強したが一生懸 命やった割には上達せず、先生には申し訳ないと思 っている。(先生は日本の方とご結婚され、現在東京 近郊にお住まい)

  小生の住まいは、ご他聞にもれず東部二村洞にあ るアパート(会社の社宅)、そこに10年間住むとは思 ってもいませんでした。同じアパート団地に住んで いる日本語堪能な経営のトップと毎朝7時40分に待 ち合わせし、3トンネルを越えた所にある某ホテル でコーヒーを飲み8時半にそこを出発して8時45分頃 に出社、午後6時には退社し、何もなければ7時には 帰宅、自分で料理を作って食べ、NHK TVを見なが ら午後11時に就寝、朝6時起床と至って健康的な10 年間を過ごして参りました。勿論、最初の頃は漢南 洞のカラオケにも夜な夜な出かけたことはあったも のの、直ぐ飽きてしまい、もっぱら食い気の方に走 ってしまった。
  
  ソウルの日常の中で一番重要だったのは、朝の某 ホテルでのコーヒータイム。このコーヒータイムに 経営トップと話をし、取り決めたことが、直ぐ会社 の経営に直結、日本では考えられないスピードで物 事が進むことに驚きと心配がない混ぜとなったこと は数え切れない。

  例えば、主原料がTightとなり、韓国での調達先だ けでは原料が不足する状況となったとしよう。この 時とばかりにこちらから日本からの調達を進言して も、最後まで韓国の調達先を慮り、原則を曲げない という強い意志と日本の大株主の言いなりにはなら ないとの韓国魂は凄まじいものがあり、驚愕させら れた。

  その代わりに後日、相手の顔を立てることはしっかりと忘れない。
  その交渉の為に出張してくる日本の役員がそれ こそ手玉に取られる姿を見るのはあまり良い気持 ちではなかったが、原則を守り通しての先を見越 した大局的なものの見方には教えられることが多 々あった。

  韓国の政治、経済、文化に深い見識をお持ちであ ることは勿論のこと、日本の政治、経済、文化につ いてもびっくりするくらいご存知で、全く頭が下が ってしまう。特にスポーツは相撲、野球、ゴルフと 多岐にわたり、こちらが教えてもらうことが度々で あった。ご本人の趣味はゴルフ。スコアメークはお 手の物でいつも92,93で回られる。従い、チョコ レートを取られるのはいつものこと。ただ、こちら が勝った時に少し渋い顔をされるのが玉に瑕(き ず)。こんな時にこの人も人の子であることを実感さ せられる。ゴルフに関しては、何でも来いといった 調子で、PGA・LPGAに関わることはほとんど頭に入 っている。

  酒は一滴も飲めないがワインを語らせたら韓国で も右に出る人はいないので はと思わせる。女性が好む ブランド品に至っては舌を 噛みそうな横文字をスラス ラと、どうしてそんなこと までご存知なのか呆気に取 られてしまったことが数え 切れない。生き字引とはこ の人を指す言葉であると言 わせてしまう。

  記憶力と博識の度合いが 群を抜いており、この様な 方が韓国の大統領になって いたらと思うことが度々であった。

   韓国では親日と言われることが一番怖いとのこ と、日本が大好きで年に数回は訪日をされるが、日 本とは距離を置く自称、知日派である。
既に齢77、まだ現役に拘っておられるが、そろそ ろ自由になられてはと思う此の頃である。

   小生、この3月下旬に帰国し3月末に日本の会社を 定年退職し、定年を満喫している。一日がこんなに もゆったりと流れるものだとは、30有余年知らなか った。我々は少なくも良い時代に生きている。日韓 の縁は深い、深いが為に難しい、が為に人がい る。日韓の個々の人の繋がりは草の根のごとく広が って途絶えることはない。これからも自信を持って 日韓の関係を語ってゆきたいと思う。

春の夜のソウル一会に酒一話洋