SJC事務局長 金鍾先

この道峰山は前回(2001年春、第9号)取り上げた北漢山(ブッカンサン)の隣、其の東側に幾つかの岩峰が連なる山城でソウル市街の北に見渡すことが出来ます。北漢山の東端の峠、牛耳嶺(ウイリョン)で結ばれたこの山魂は、さらに北東に広がって、ソウル北部の衛星都市議政府(ウイジョンブ)市に至るのですが、その主峰は議政府から近い所に聳える紫雲峰(ジャウンボン、標高740米)です。紫雲峰はほぼ同じくらいの背丈の萬丈峰(マンジャンボン)と仙人峰(ソンインボン)の際立った岩峰を従えていますが、中でも東端の仙人峰の南西面(約400米)は花崗岩の素晴らしい岩壁で、韓国のクライマーが仁寿峰(インスボン)の東南壁と並んで熱愛する岩場の一つです。勿論日本のクライマーの中でもよく知られ、韓国の山仲間と楽しく遊べるゲレンデです。この断崖の基部には、道峰山荘と呼ぶ山荘があって、この中にかなりの伝統を誇る韓国登山学校(ソウル山岳連盟所属)なる正式のクライマーの養成所がありますが、ここはアルプスやヒマラヤを目指す若い登山家達が登山の理論と技術をみっちり練磨する道場となっています。

主峰紫雲峰はさらにその西側に観音峰(カンウンボン)と柱峰(チュボン)を擁していますが、特に主峰は柱状の独立峰で、全長が200米余りの垂直垂には前背面二つのコースが、かなりの高難度でよく知られています。この道峰連峰の最西端に位置する五峰(オボン)もやはりクライミング、コース以外のルートはなく、五つの岩塔が連なる美しいシルエットはソウル市の北側の街からも良く眺められ、道峰全体の中でも最も秀逸な景観を誇っています。そして最後に道峰を構成する岩峰は、南端に牛耳岩(ウイアム)がありますが、これもまた主峰と同じく独立峰で中上級のクライミング・コースです。この他にも主峰紫雲峰と議政府市との稜線を結ぶ俗称「砲台稜線(ポデヌンソン)」と呼ぶコースがあり、これはハイカーでも辿れる岩稜ですが、日本流の鎖場のような悪場があって、スリリングなルートを楽しむ登山者が週末には列を成し、かなり混雑する名所です。

以上は道峰全体を説明したものですが、こうしてみると岩峰の多くがクライミング・コースとなりますが、般ハイカー向けのコースはこれらの岩峰と稜線から流れる山襞と渓谷通しに縦横に展一しながら、その途上に名刹が散在して、かなり見ごたえのある景観を織りなします。古くから京畿道の金剛山と呼ばれるに相応しい入り組んだ地形のこの山塊はハイカー向けの登山路も多く、およそ8個のコースに分かれますが、西の北漢山と並んでソウル市民から深く愛されてきた山なのです。

北漢山の登山コースは 牛耳洞 (ウイドン)から始めるのが最も一般的ですが、道峰山の場合は道峰山洞(ドボンドン)遊園地を基点とするコースが一番人気があります。この道峰洞 遊園地には色々の食堂や土産物屋が立ち並んでかなり賑やかな登山口です。ここは又ソウルの各地からくる市内バスの終点でもあって、地下鉄では「道峰山駅」(ドボンサンヨク)で下車すれば迷わず登山口に接近できる筈です。

回龍駅(フェリョンヨク)登山口
1. 回龍駅(地下鉄)―回龍寺(フェリョンサ)―649北高地― 砲台稜線― 紫雲峰
2. 望月寺駅(マンウォルサヨク、地下鉄)-望月寺―砲台稜線―紫雲峰

道峰洞登山口
3. 道峰洞―道峰山荘-天竺寺(チョンチクサ)― 紫雲峰
4. 道峰洞―龍魚川渓谷(ヨソォチョソケコク)-柱峰キャンプ場― 紫雲峰
5. 道峰山駅(地下鉄)―城煌堂(ソンファンダン)―牛耳岩-観音寺― 紫雲峰

牛耳洞登山口
6. 牛耳洞(ウイドン)-普門寺(ボムンサ)― 午耳岩(ウイアム)―観音寺(カンウムボン)― 紫雲峰

北面登山口
7. アンユ儿遊園地-サぺ山-649米北高地- 紫雲峰
8. 8ソンチュ駅(国鉄)-ソンチュ遊園地-ソンチュ渓谷- 紫雲峰

名所遺跡
 ○回能寺(ホェリョンサ)
 主峰紫雲峰の北稜を下った麓、回龍駅(地下鉄)から30分程度のところにある寺院で、西紀681年新羅時代に義相大師の手によって創建されたと言われ、李朝時代には無学大師が改修したと言う名刹。

○ 望月寺(マンウォルサ)
 望月寺駅からのコースで紫雲峰に至る途中の中のかなり広い境内に建つ伽藍で、新羅の 
 真徳女王8年(世紀639年)に海浩大師によって創建された。修道僧の数も多く立派な造りの古刹。

○ 天竺寺(チョンチュクサ)
仙人峰の絶壁が始まる基部、韓国登山学校の上部に位置し、新羅文武王13年(西紀673年)義相大師が建造した。境内には禅道場があって 音を厳しく取り締まっている。又別棟の びた石窟庵は古刹の佇まいを一層引き立てている。

○ 普門寺(ボムンサ)
牛耳岩の美しい岩塔の根元にあって-名円通寺(ウォントンサ)とも呼ばれる。創建は高麗末か朝鮮王朝初期と言われる。

○ 観音寺(クァンヌンサ)
柱峰の麓に位置する割合小さな寺院で、観音峰の断崖の中腹に建てられた美しいお寺。