スパイウェアをご存知ですか?

韓国USC電子㈱ 播摩谷 英哲

最近、毎日のように海外からウイルスメールが何通も送られて来る。

地域内のウイルス拡散防止の為に、今まで恐れ多くも人様を啓蒙しようなどと分不相応な事をやって来たので、もしやそれがウイルス作者達の耳に入り仕返しで集中的に狙われているのではないかと思われるほど大量に送られて来ている。ウイルス対策ソフトがウイルス着信の度にせっせと削除案内をしてくれているので安心ではあるのだが、その為に通常業務である作表やレポート作成が中断されたりして、まるで我がPCはウイルスメールを貰って削除する為だけの専用PCになってしまったようで甚だ困ったものである。

さて最近は、韓国内の駐在員の方がうっかりウイルスメールを発病させ、他の人に発信してしまったという話はかなり減ってきた。これは皆さん方に自衛手段が行き渡った成果であろう。PCが会社の書類棚、ご自身の手帳代わりになっている昨今、OSの再インストールが必要なほどの被害をメールを送ってしまった相手に掛けてしまうと、人間関
係は勿論のこと、会社相手の場合は訴訟になるほどこじれてしまう。幸い、私の周りではそんな話は聞いたことがないのでつくづく良かったと思う。ただ、世界中の暇人ウイルス作者達は日々新手のウイルスを開発しては発信して来るので、油断は禁物、常に最新のセキュリティホール対策のアップデートを行っていなければ安穏とはしていられない。

ところで、皆さんはスパイウェアと呼ばれるソフトをご存知であろうか?日本ではあまり問題にされてはいないが、それはその名の通り、我々の知らない間にPCに常駐して、我々の情報を、勝手に送出するソフトウェアである。制作者が明かで、我々のPCシステムを破壊する目的ではないので、一般的にウイルスとは区別されるが、ウイルスと区別される以上、ウイルス検知ソフトでも検知もされないし警告も出ない。

問題はここにある。我々が知らない間に勝手にインストールされて、我々の情報を外部に送出しているのである。その結果ネットサーフィンをしていると、勝手にいくつものPOP広告が出てくる。それも何故か皆さんが興味のある分野の広告ばかり。

分かりやすく説明すると、皆さんのご自宅のリビングルールにスパイが勝手に入り込んでいて、皆さんが日々どんなTV番組を見ているか、全てチェックして記録する。そしてそのデータを広告会社に売りつける。広告会社はそのデータからその人のニーズを分析し、買って貰えそうな商品のダイレクトメールを送りつける。というカラクリをPCの内部で無断で行っている訳で、もしあなたがアダルトサイトばかりを見ていると、その情報を外部に送出してしまう。スパイウェアを意図的に送り込んだ会社はその情報を収集しアダルトサイトの経営者に売ってお金にするのである。もしも、時々自分が意図しないのにアダルトサイトの広告ページがいくつも表示されたりしたら、スパイウェアがPCに潜んでいることを疑ってみるべきである。

一般的にこのようなスパイウェアは、何らかのソフトをインストールする際に同時にインストールされてしまう。大手では、CreativeやRealがその昔、これを仕込んで問題になったことがある。なんとMicrosoft社も以前は使用者の情報を無断で自社に送るプログラムをWindowsに仕込んでいた。シェアウェアや、フリーウェアの中にも、勝手にスパイウェアを仕掛けるものもある。ファイル交換ソフトであるBearShareや、ファイルのダウンロードを高速化するFlashGet(旧JetCar)などが知られている。しかも困ったことに、スパイウェアの中にはバグがあるものも多くあって環境次第でPCを不安定にさせてしまうケースもあるらしい。

色々と問題の多いスパイウェアであるが、有り難いことにこれを簡単に探査・削除してくれるフリーウェアが存在する。名前は「Ad-aware」と言いインターネット上で検索すればすぐに見つかる筈である。英語のソフトだがそれほど難しくはない。「Ad-aware」をインストールして実行するとスパイウェアの疑いのあるソフトを全て探し出して表示してくれる。
本体の正常動作に必要と思われるものは一旦バックアップをとった上で、全て削除してしまえば良い。これで安心してネットサーフィンが楽しめる。ご興味のある方は是非、インターネットで「スパイウェア」と検索し、使用方法などを解説してくれているサイトを参考にして、鬱陶しいスパイをさっさとPCから追い出してしまおう。

最後に、PCをインターネットに接続すると言うことは前述のようなウイルスやスパイウェアの他にも皆さんのPCを勝手に特定サーバー攻撃用の傭兵として設定してしまう恐ろしい「トロイの木馬」などの存在も忘れてはならない。ADSLの常時接続環境が早くから揃っている韓国だからこそ注意しなければならないことが多く存在する。自前でWEB
サーバーを開設されているような大手日系企業の方は専門の管理者が会社にいると思うが、それ以外の方はPCのセキュリティ問題には無頓着なケースが多い。想像もしていなかったようなPCトラブルに陥ってからだとデータ類の復旧は難しい。日々の生活面でのセキュリティと同様にPCやネット関連のセキュリティにも気を遣って欲しいものである。

戻る