「爆弾酒」

師走に入り、忘年会やクリスマスパーティなどお酒を飲む機会が増えてきた。我々、日本人はウイスキーや焼酎を水で割って飲む習慣があるが、韓国人はお酒をストレートで飲むのが一般的である。ただ韓国にもウイスキーやビールで割る爆弾酒というのがあり、アルコールに弱い小生にとっては難敵の代物である。

爆弾酒が始まったのは米国ということが定説である。1900年代初め米国の炭鉱、材木伐採場、鉄鋼工場などの貧しい労働者が好んで飲んだ「ボイラーメーカー」が爆弾酒の起源と言われる。ビールと洋酒を混ぜないでビールを飲んだ後に直ちに洋酒を飲み干していたようだ。韓国には100年前マッコリに焼酎一杯を混ぜて飲む「混沌酒」または「自中紅」と呼ばれる酒があったようだ。今の形の爆弾酒が韓国にはじめて登場したのは1980年代前半だと言われている。その背景には高級酒のウイスキーの普及と、軍人、政治家、高級官僚、企業幹部らが爆弾酒をやることで自らの社会的パワーを確認する風潮が起こったからだと言われているが、今ではすっかり韓国の名物となった。

爆弾酒にはいろんな種類がある。ビールの入ったコップにウイスキーを注いだ小さなショットグラスを落としこみ、そのまま一気飲みするというのが基本であるが、一説によると数十種類もあると言う。代表的なものは「竜巻酒」や「タイタニック酒」だが、ウイスキーとビールを反対にすると「水爆酒」と言い、ワインを混ぜると「ドラキュアー酒」と際限がない。

ある韓日友好親善の研究会を主催する著名な某教授はこの爆弾酒が大好きである。毎回の酒の席で必ず自ら高級ウイスキーを持参し、爆弾酒を作り、先ず自らお手本を示した後、「友情の契り」と称して出席者全員に強要する。酒に弱い私も慣れてきて、最初の1杯は美味しいと感じるようになってきたが、2杯、3杯となると恐怖感を感じる。

韓国の親しい友人が爆弾酒の7つの効果を教えてくれた。 先ず(1)経済的効果である・・・爆弾酒を回せば酒の席が早く終わるだけだけでなく、つまみの費用も節約される。2)友情の和を作る・・・爆弾酒を飲んだ後、盃を振って声を出せば皆拍手しながら集い、友情の和の雰囲気を作ることが出来る。(3)民主的である・・・身分の上下を問わず皆に公平に回る(4)健康に良い・・・40度以上のきつい酒をそのまま飲む場合、食道を過度に刺激して炎症を起こすが爆弾酒はこういう危険から守ってくれる。(5)弱者を救済する・・・業務上接待する人は弱者の境遇で、相手方より多く酒を飲むことになるが、このような時、爆弾酒は良い防御手段になる。(6)雰囲気を良くする・・・爆弾酒はひんやりとした雰囲気を和ますことができる。最後に(7)エンターテイメント・・・爆弾酒を作る方法は数十種類があり、その過程を楽しめば一つの遊びでエンターテイメントになる。

名前は恐いが効果は大きい。件の某教授もこの効果を十分知り尽くしているのだろう。接待や友好親善にはもってこいの韓国ならはでの代物だ。

戻る