早慶(慶早)ゴルフ戦

ソウル稲門会名誉会長
(元韓国富士ゼロックス会長)
高杉 暢也


東京六大学野球の花形カードである早稲田大学と慶応義塾大学の対戦は、早慶(慶早)戦として今もアマチュアスポーツ界で屈指の人気を誇っている。 そんな早慶(慶早)戦が今年110周年を迎えるという。 早慶(慶早)戦は野球ばかりでなく、ラグビー、ボートなどのスポーツをはじめ文化・文芸などのあらゆる種類の対抗戦があり、日本近代史に歴史を刻んでいる。
ここ韓国においても 早慶(慶早)ゴルフ戦が長い歴史を築いてきている。残念ながら過去の記録が連続して残っていない(伝統校としては不名誉な不始末)ので、IMF以降の記録をご紹介することにする。
アジア通貨危機(1998年)のとばっちりで韓国富士ゼロックス再建の命を受けて韓国に赴任した筆者は 早慶(慶早)ゴルフ戦が中断していることを残念に思い、会社再建に取り組む傍ら慶応OBの小澤さん(ハイヤットホテル)に呼びかけ復活を図った。しかし思いとは裏腹に、当時、韓国経済は構造改革の途上でどん底、各社とも業績立て直しに躍起でゴルフどころではない社会情勢にあり、なかなかメンバーの賛同を得られなかった。それでもなんとか人集めをして1999,2000年にやっと年一回の開催にこぎつけた。年2回(春・秋)開催の軌道に乗り始めたのは3年後の2001年からだった。戦績は別表に示す通りである。

これまでの奮戦を消えかけた記憶を呼び起こしながら綴ってみたい。

・韓国での 早慶(慶早)ゴルフ戦は両校の韓国人OBをも交えた日韓ゴルフ戦で、相互の親睦を狙いとし、かつ日韓友好親善の範を示していることは言うまでもない。

・したがって、両校OBの老若男女が参加して懇親をはかり、試合は上位10位(8位の時もある)のグロスで競うことにしている。

・これまで28回の戦歴は早稲田の16勝、慶応の12勝である。

・6連勝を含め序盤戦は圧倒的に早稲田が優位であったが、10回戦あたりから追いつ追われつの戦績となるも、18回目あたりから慶応の巻き返しが目覚ましくなってきた。

・「春は早稲田」、「秋は慶応」が幹事校を務めるのだが、2004年から行われた済州CC(慶応OBの白さん所有)ではHOMEコースとする慶応が圧倒的強さを見せ、AWAYの早稲田は3連敗を帰すことになった。

・ 済州CC開催の時は前日に済州島に行き、前夜祭で懇親をはかり、最後は両校のエール交換で健闘をたたえあうよき思い出を作った。その後前夜祭が行われていないのは寂しい。

・早稲田はAWAYコースでは弱く、2008年秋から開催場を新羅CC(慶応OBの洪さん所有)に移すと1勝6敗と言う無残さを露呈した。勿論、ゴルフ場ばかりのせいではなく、この時期慶応はゴルフのうまいメンバーがそろっていたことが大きな理由である。

・今日、プロの世界でも韓国人が優勢であるが、 早慶(慶早)ゴルフ戦 でも個人戦では両校とも圧倒的に韓国人の方が上位に名を連ねている。

・女子の参加は早稲田側ばかりで、慶応側にいないのは寂しい。

・早慶(慶早)ゴルフ戦は日韓友好親善の範として今後も若い両国の後輩が引き継いでいく・・これが世にいう伝統というものである。

桜花無窮花とともに咲競ひ 伝統築く私学の両雄 (老馬)

早慶(慶早)ゴルフ戦戦歴<IMF以降>

1999/10/23 安養CC W ○ K ● >参加者16名(優勝杯:小渕恵三内閣総理大臣より寄贈)
2000/11/18 LAKE SIDE CC W ○ K ● 参加者20名
2001/6/9 泰光CC W ○ K ● 参加者32名(優勝杯:森喜朗内閣総理大臣より寄贈)
2001/11/20 PINE CREEK CC W ○ K ● これ以降40人余の参加
2002/5/18 水原CC W ○ K ●  
2002/11/20 松秋CC W ○ K ● 早稲田破竹の勢いで6連勝
2003/6/10 EAST VALLEY CC W ● K ○ 6連敗中の慶応は猛者を集め奮起、47点差で勝利
2003/11/15 LAKE SIDE CC W ○ K ● (優勝杯:亀井善之農水大臣より寄贈)
2004/7/31 LAKE SIDE CC W ○ K ●  
10 2004/11/20 済州CC W ● K ○ 慶応は前夜祭で早稲田にたくさん飲ませての作戦勝ち
11 2005/7/24 LAKE SIDE CC W ○ K ●  
12 2005/10/29 済州CC W ● K ○ 慶応が実力発揮
13 2006/5/30 SKY 72 CC W ○ K ●  
14 2006/11/12 済州CC W ● K ○ AWAYに弱い早稲田、 済州CCで3連敗
15 2007/5/12 SKY 72 CC W ○ K ●  
16 2007/10/27 済州CC W ○ K ● 早稲田AWAYでやっと勝ち、 済州CCでは1勝3敗
17 2008/5/25 揚州CC W ○ K ●  
18 2008/10/5 新羅CC W ● K ○ HOMEに強い慶応、AWAYに弱い早稲田のイメージ強まる
19 2009/5/17 新羅CC W ● K ○  
20 2009/10/18 新羅CC W ● K ○  
21 2010/5/16 新羅CC W ● K ○ 慶応HOME (新羅CC) で4連勝
22 2010/10/17 新羅CC W ○ K ● 早稲田AWAY(新羅CC)でやっと一矢報いる
23 2011/5/15 新羅CC W ● K ○  
27 2011/10/16 新羅CC W ● K ○  
25 2012/5/20 第1 CC W ● K ○ 慶応3連勝(優勝杯:野田佳彦内閣総理大臣より寄贈)
26 2012/10/21 第1 CC W ○ K ● 早稲田1点差で危うく4連敗を免れる
27 2013/5/19 第1 CC W ● K ○  
28 2013/10/20 第1 CC W ○ K ● ここまで早稲田16勝、慶応12勝

戻る