マグロ屋の陰謀

最近、ソウルの街に日本料理屋さんが増えてきた。日本料理に飢えている駐在員にとっては大歓迎である。以前は、日本料理と言えば、銀座並みの料金を覚悟して一流ホテルの日本レストランへ行くか、あるいは市内にある日式レストランで、キムチの匂いがする韓国的日本料理を味わうしかなかったが、いずれも価格、味の面で「いまいち」であった。

ところが最近、日本人オーナー、日本人コックによる、純日本式レストランが急増している。うどん、そば、ラーメンの麺類を始め、トンカツ、刺身、天ぷらの定番モノから、たこ焼き、お好み焼きのような特殊分野(?)まで勢ぞろいである。いずれも韓国料理に比べて価格はやや高めだが、お客は日本人だけでなく韓国人も多い。韓国人の食生活の多様化が著しいのだ。お陰で我々駐在員の「純日本食飢餓症候群」はかなり解消された。それはそれで結構なのだが、一方で、折角韓国に住みながら、日本人同士で日本料理を食べ、家ではNHK衛星放送を聞いていては、日本にいるのと変わらなくなる。韓国の良さを忘れかねない。

というわけで、最近は意識的に日式レストランにも足を運んでいる。特に多いのが「チャムチ」レストラン。チャムチとはマグロのことで、マグロ刺身専門である。通常、特上並のようなコースに分かれており、量の制限はない。いわゆる食べ放題。高いマグロが食べ放題!と日本人は色めきたつが、喜ぶのはちと早い。注文すると、まずキムチ、ナムル、生野菜などが食卓に並び、続けて、焼き魚、煮魚、トーモロコシのグラタン風と、次から次とマグロ以外の料理が出てくる。いすれも突出しのたぐいなのだが、日本人にとっては全てが立派な一品料理。「マグロが来るまではできるだけ食べないぞ」と思いながら、それでもついつい箸をつけている内に適当に腹が膨れてくる。そこで本命のマグロ登場。ベルトを緩めて挑戦するが、このマグロがまだ十分に解凍されておらず、マグロのシャーベットを食べている感じ。韓国慣れした隣の友人はこのシャーベットを海苔に包んで美味しそうに食べているが、小生の好みではない。止む無く酒と突出しで解凍までの時間稼ぎとなるが、そうこうしている内に小生の可憐な胃袋は「満腹」のサインを送ってくる。まだ好物のトロを口にしていないというのに。先日は遂に頭に来て、隣の友人に不満をぶつけたが、「これが店の作戦かも。作戦に引っかかる方が悪いのでは?」と<店の陰謀説>を持ち出してきた。「成る程」と一人合点。ただ大食漢揃いの韓国人にはこの作戦が通じるとは思えないので、友人の「陰謀説」も怪しいものだが。

ところで、先月ご紹介した地下鉄「乙支路入口」駅のキンパブ売り美人が、ついにテレビ局の目にとまって、今週末のテレビ放送で紹介されるとのこと。彼女が有名になるのは悪くないが、一方では、おじさんには益々手が届かなくなるのではと心配している。(大西憲一)

戻る